読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【モニターヘッドホン AudioMX HS-5S レビュー】音は全体的に近く、ステレオ感も強い。しかし抜けが良く圧迫感が少ないので、クリアな量感サウンドが楽しめる

ヘッドホン 5000円~10000円 AudioMX

AudioMX モニターヘッドホン オープン型 オーバーヘッド HiFi 高音質 可動式イヤーカップ/交換用イヤーパッド付/有線タイプ HS-5S

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170102142040j:plain

ASIN

B01M0ILBLS

 柔らかめのイヤーマフと厚めのクッションのヘッドバンド、開放的なドライバー構造が特徴のモニターヘッドホン。イヤーカップ部分は比較的軽量で、装着感としては頭頂部に重みを感じる独特のバランス。

 遮音性はそこそこ高い反面、ドライバーが開放的なので音漏れはかなりある。外用ではなく、室内で音楽を楽しむ用途に特化しているといえる。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 標準のコネクタは3.5mm用だが、6.5mm用の変換アダプタが付属する。イヤーパッドが付属している。

 

【2】音質

 ドライバーの大きさはΦ42mm。モニターホンとしては大きすぎず小さすぎずといった感じで、鳴り方も圧迫しすぎず量感が足りなく感じることもないというバランス重視なライン。音は耳に近めに感じるものの、開放的な構造のせいか抜けが良く、篭もる感じがない。低域がやや近く強めに感じるものの、弾みがよく精彩もあるため余計な重たさは意外と感じられない。

 

[高音]:ナチュラルな鳴り方で伸びも生々しさを維持したもの。キラキラ感などの臭みはなく、かすれやハスキーさも強調されない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)
[中音]:低域が広く強いのでやや後退した感じに聞こえるが、広さに貢献している。
[低音]:60hzにピーク。鳴り方はホルンのような振動で管楽器的。かなり直線的に聞かせてくる印象。そのせいか比較的締まって聞こえる。50hz以下はややぶれて減衰していく(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、Round Table featuring Nino「Rainbow」、重低音音源動画でテスト)
[解像度・立体感]:全体的に近く、耳に音楽を流し込んでくる印象。左右がかなりはっきりでて、明確に意識されるのでステレオ感が強い(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:弾みもあり、生々しさもある肌感のあるパーカッション。価格の割に素材感をそこそこ感じさせるので、全体的に温かみがあって生命的(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:ボーカルも生々しさがあり、アナログ的。のびやかさや息遣いに臭みがなく、価格の割に良質。全体的に耳に近い。

 

【3】官能性

 (K)NoW_NAME「Harvest」はボーカルの精彩感が強い。弦楽的な楽器音はややシアトリカルな感じが強調されるところがあるのか、鳴り方が少しくどく、音が潰れるような印象がある。この曲ではサビ部分でとくにその傾向が強くなるので、ボーカルに強くフォーカスが当たるところがあるが、このヘッドホンは元々音が近いせいもあり、ややボーカルの後ろから楽器音が乗っかってきて煩わしく感じられるところがある。とはいえ、全体としては量感のあるサウンドが楽しめる。

 分島花音RIGHT LIGHT RISE」は低域がしっかりと地面を作り、躍動感を演出しながらボーカルが力強く展開される、本来の持ち味が比較的良く表現されている。音が近いせいかやや圧迫感が強めに思うが、抜けは良いので食傷になるほどうるさくはない。中域も広さに貢献しているところもほどよい開放感につながっているようだ。

 鹿乃「ディアブレイブ」は低域と弦楽が強めで若干シアトリカルな演出が強めで鮮やかさとリズム感に傾いた印象。ボーカルは近いものの、息遣いはだいぶ抑えられた印象でボーカル中心というよりは楽器音との兼ね合いを意識してはっちゃけない冷静さを感じる演出。変化に富んだボーカルが好きという人には物足りないかも知れないが、映画音楽的な豪華さの感じられる味付けは悪くない。

 

【4】総評

 比較的自然な音色だが、ややシアトリカルな演出になるので、サントラやオーケストラ向きかも知れない。ボーカルは臭みがなく自然な味わいができる。量感もしっかりしている。

 

AudioMX モニターヘッドホン オープン型 オーバーヘッド HiFi 高音質 可動式イヤーカップ/交換用イヤーパッド付/有線タイプ HS-5S

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。