読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【カナル型イヤホン Elinker D7 レビュー】さすがに解像度はきついところがあるものの、重厚さと量感は低価格品では最上級

イヤホン 1000円~3000円 Elinker

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170327175625j:plain

ASIN

B06XF9D91R

 外観は耳にフィットするドラム状のカナル型イヤホン。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え。平形ケーブルのタッチノイズはやや目立つ。

 

【2】音質

 一聴してわかる、低価格モデルにしてはかなりの量感と重厚さが魅力的。解像度的には価格なりなので、情報量の多い曲はパサパサと乾き、背景音ほど潰れるところがあるのは仕方がない部分だが、低域中心で量感のある音が味わえる。ドラムやベースが足場をしっかり作る曲調が得意。一方でボーカルの声色はどちらかというともっさりしたところがあり、女性ボーカルは特に、場合によって暗く感じるかも知れない。

 

[高音]:聞きやすいが、全般的におとなしめでキラキラ感や鮮明さにも乏しい(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域もだいぶ奥まって聞こえるところがあり、とくに空間表現をもたらす弦楽音や背景的な効果音が埋もれがち。
[低音]:厚ぼったい音で存在感のある低音。決して自ら目立ってこようとする雰囲気ではないが、中高域がやや没個性なせいか、全体的に効くので重厚さが目立つ。50hzあたりに一応の底がある(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:奥行き感はそれほど出ない(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:ドラム優位。全体的に厚ぼったく床面を作るので、下を意識しやすい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:かすれるというほどドライではないが、全体的にカサカサした印象。艶やかさには欠け、躍動感・のびやかさも感じづらい。

 

【3】官能性

 ROUND TABLE featuring Nino「夏待ち」は低域弦楽とドラム音が非常に目立ち、重厚さが増した安定感のある表現。夏の日差しの開放的な暑さというよりは下から反射する地熱を感じるような曲調になっており、どちらかといえばサウナ室にいるようなぬぐえない熱気がある。

 Rie fu「One Bite」はピアノと弦楽、ドラムが重厚。ピアノの音は硬さもそこそこあり、重低域の鳴り方のせいか、かなり重たい印象を受ける。下方向に強く意識させられるなかで、ボーカルだけがやや浮き上がるので、独特の浮遊感と幽玄さが感じられなくもないが、この曲の鑑賞ポイントはサビでの明るく天上から差し込む光のような演出の温かさにあると思われるので、そうした暖色に乏しいのは人によって物足りなく感じるかも知れない。

 Claris「CLICK」のような情報量の多い曲は力不足を感じやすい。背景の豊富な効果音は潰れがちで存在感が無く、空間的な面白みも変化に富んだ中毒性も大幅に減じている。リズムとボーカルをしっかり支える低域に味わいがあるが、そればかり目立つ感じもあり、かなり単調。とくにClarisの明るさと突き抜け感を伴う元気な高域の魅力はうまく出ていない。

 今井麻美「朝焼けのスターマイン」もやや単調。ややドライな表現は今井麻美の声色に合っていると思われるが、どうしても低域が目立ってしまう。低域好きな人にはこの重厚さはたまらないかもしれないが、好みが大きく分かれそうだ。

 

【4】総評

 低域中心の重厚な表現が好きだという人には低価格では真っ先にお勧めしたい。一方で価格なりの解像度の少なさ、中高域のやや味気ない表現力は万人受けするものではなさそう。価格の割にしっかり感じられる量感に、満足度は高めかも知れないが、その量感に慣れてきてしまうといろいろ不満が感じられてくるところがある。メーカーはクリアさを強調しているが、クリアという言葉が印象づける透明さとはやや異なった印象の音質であることは確かだ。むしろ重厚で量感のある低域が奏でる熱量のある音楽表現こそがこのイヤホンの持ち味といえよう。

 コスパ面でいえば、重厚な低域好きの人にはかなりのお得感があるだろうが、繊細な音の表現や透明感やキラキラ感のある音、艶やかさや息遣いなどのボーカルの表現力にこだわる人には価格なりかそれ以下に感じられてしまうところもあるかも知れない。

 

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ワイヤレスイヤホン IdealMuzik i2 レビュー】ややエッジがきついが精彩感のある表現。通信性能には波がある

イヤホン ワイヤレス bluetooth 1000円~3000円 IdealMuzik

IdealMuzik bluetooth イヤホン ランニング用 スポーツワイヤレス ヘッドセット防水 防汗(ブラック/レッド)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170326232053j:plain

ASIN

B01M23QH8Q

 45°傾斜で耳に差し込まれるイヤーピース、耳裏からしっかり固定するイヤーフックと、かなり硬めの装着感のスポーツイヤホン。

 遮音性はそこそこあるが、音漏れは少し目立つか。

 通信性能はやや波があるようで、首を多少回すと音飛びなどがあり、スポーツ用途を謳っているわりには安定性がやや心許ない。ただしこの点は個体差が存在する可能性もあり、接続機器の相性もあるかも知れない。aptXには対応しない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、イヤーフック。携行ケースも付属しており、マニュアルは日本語対応。

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/617lYsKb%2BuL._SL1000_.jpg

 

【2】音質

 音質としてはまずキラキラ感やエッジがやや強調されていて、粒感も出るので全体として精彩は強く感じる。しかしながら、一方で管楽器系統の音にはかなりもわっとした感じがある。またクラブ系の緻密な表現はかなりガチャガチャとする印象もある。ピアノはかなり硬く感じる。全体として硬質で金属質的な音質である。

 

[高音]:キラキラ感強めでエコー感も出やすいのでやや幻想的に感じられる。一方で突き抜け感は案外少ないかもしれず、天井は近い印象を受けた(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:音のエッジが強いせいか、全体的に近寄って音が聞こえるため、精彩感は強いが空間性はやや狭く感じるかも知れない中域。ギターなどのつま弾きはかなり鮮明に目立つ。ピアノは硬質で響きは重く、余韻は少なめ。

[低音]:低音だけ聞いてみると出ていないわけではないようだが、中高域の精彩感が強いせいか非常に地味で目立たない。減衰は100hz以降ストレートに落ちているが、もっさりした振動なので存在感が薄いのかも知れない(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:立体感は乏しい印象。全体的に前面に音楽が出てくる感じではあるが、包まれる感覚にも乏しい(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:パーカッションはキレが感じられやすいが、存在感はやはり案外薄い。ギターなどが強く出過ぎるか(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは楽器とほどよい距離感。のびやかさはやや乏しいが、腰は悪くなく、力強さはある。

 

【3】官能性

 (K)NoW_NAME「Harvest」はしっとりしたボーカルはうまく表現されている。また弦楽が綺麗に出るのでその精彩感を心地よく感じる人にはよい。一方で曲の盛り上がりという面では、弦楽がジャカジャカしすぎるところもあり、ためや消失感に乏しく、やや間延びした感じがある点は否めない。どことなくもっさりした感じは抜けない。

 Aimer「六等星の夜」はピアノがかなり硬めで重厚さが出る。ボーカルはやはりしっとりさが強調されており、突き抜け感に乏しいせいかかなり安定的。やはり盛り上がりには欠ける印象。

 petit milady「azurite」のような曲は比較的良質。キーボードの音や効果音の精彩感はきれいに出るので、楽器音とボーカルの分離がよく、パートの役割が明確でしかも多少効果音で味付けするような、ガチャガチャしないレベルでまとまった曲はうまく表現する。

 ClariS「CLICK」までいってしまうとサビで少しガチャガチャしてしまう。どうしてもボーカルが精彩感の強い楽器音に埋もれてしまい、また解像度の限界なのか効果音が背景に隠れてしまって味わいが大幅に減じている印象。

 

【4】総評

 当初はエッジを利かせた精彩感の強いイヤホンという印象があって、よくある無難なタイプかと思いきや、曲を試していくと意外とクセがあった感触だ。解像度は少し難があるのか情報量が多い曲は苦手。かといって情報量が少なめの落ち着いた曲は落ち着きすぎてしまうところもあり、得意な分野は限られる。最終的にギターが目立つ、パート分けがはっきりしたややロック調のポップスが一番合うかといった感想だ。ほかにはパッフェルベルのカノンは弦楽中心で精彩感がきれいに出るので、満足度が高かった。

 通信性能がやや暴れん坊で、音割れ・音飛びが目立つ場面もあり、遅延も発生しやすい。コスパ的には少し苦しいかも知れない。

 

 

 

IdealMuzik bluetooth イヤホン ランニング用 スポーツワイヤレス ヘッドセット防水 防汗(ブラック/レッド)

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ワイヤレスカラオケマイク Codio MK028 レビュー】スマホを利用してYoutube動画などを使ってカラオケできる

マイク ワイヤレス bluetooth 3000円~5000円 Codio

Codio スマホカラオケ ワイヤレス ポータブル Bluetooth スピーカーマイク 無線スピーカー MK028

 

【この製品のポイント】

  • 1)スピーカーを備えたワイヤレスカラオケマイク
  • 2)曲送りや一時停止などのコントロール機能つき
  • 3)AUXケーブルでの有線接続にも対応

 

ASIN

B06VY7822Q

 ワイヤレスでスマホの音声を付属スピーカーに転送でき、そこに歌声を乗せることができるカラオケマイク。

 

 エコー機能がついており、手許で好きな割合で効果をかけられる。ボリュームコントロールも手許にあるので、使い勝手は良好だ。

 

 スピーカーの音質はそれほどでもなく、マイクと近いせいかハウリングしやすいところもあってマイクとスピーカー個々の性能面はそれほど優れたものではないが、Youtube動画や自作のカラオケ音源などをスマホで再生して気軽にカラオケできるのはかなり楽しい。

 

Codio スマホカラオケ ワイヤレス ポータブル Bluetooth スピーカーマイク 無線スピーカー MK028

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


【ワイヤレススピーカー Ecandy X1 レビュー】コンパクトさとほどよいパワフルさと音の滑らかさを備えたワイヤレススピーカー

スピーカー ワイヤレス Ecandy bluetooth 1000円~3000円

ECANDY 防水Bluetoothスピーカー ミニHIFIアウトドアワイヤレススピーカー 3.5mmオーディオTFカード入力 USBポート搭載 (X1オレンジ)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170303005138j:plain

ASIN

B01J9QEVZ0

 Bluetooth対応コンパクトワイヤレススピーカー。同種のスピーカーの中でもとくに小さめで携行性は高い。

 通信性能的には遅延はごく少しだけあるが、動画鑑賞などには問題なく、目立った不自然さはない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は英語マニュアルとUSB充電とAUX入力を兼ねたケーブルが1本付属する。

 本体上面に操作パネルがあり、Play/Pauseやモード変更、ボリューム上下、曲戻し送りに対応する。PCの場合このパネル操作は再生ソフトウェアによって挙動が異なる。

 

【2】音質

同種の中でもかなり小型に属すると思われるが、量感的にはその小ささを感じさせない。小型スピーカー特有の、音がシャリシャリとした刺さった感じはあるが、比較的目立たない方。全体的に小型の割に音にキレがあり、こうした小型スピーカーにありがちな低音だけが目立ちすぎるという傾向も少なく、全体としてバランスは悪くない。

 

[高音]:高域は小型スピーカー特有のシャリシャリ感が出てしまい、少し尖り、耳に刺さる感じはあるものの、痛すぎるというほどではない。大音量では多少耳にキンキンくるところがある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域はどちらかというと無個性で強く主張することが無く、ボーカルの背景に回りやすい。

[低音]:低域はかなりおとなしい。60hz以下はほぼ無音(分島花音killy killy JOKER」、UVERworldCORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:全体として密度が高く感じやすく、音がどうしても重なって聞こえる感じがあり、解像度的に微細な感じはあまりない(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:音のキレはあるのでパーカッションは意外と精彩感がある。ただ低域は弱いので全体として軽い(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルがよく分離していて、ボーカル中心で楽しみやすい。

 

【3】官能性

 鹿乃「ディアブレイブ」はロック調でありながらサビで弦楽やピアノなどがシアトリカルな演出もする複合的な味わいがある曲だが、このスピーカーではパーカッションやギターがキレよく目立って聞こえるため、シアトリカルな要素は弱く、全体としてロック調で軽妙な味わいの曲になっている。そのため叙情性がだいぶ失われているところはある。

 東山奈央「Hello Alone -Yui Ballade-」の弦楽とピアノメインの曲でもやや高域では味わいが増えるものの、全体として叙情性の盛り上がりが薄いかもしれない。音が重なって若干干渉して聞こえるような感じもある。

 Lia「Bravely You」は全体的に密度が高く量感が感じられる音にパーカッションとギターのキレがなかなか味わい深い。ベース音は非常に表面的でやる気が感じられないが、中域から高域にかけては情報量が多く、このクラスのスピーカーにしてはボーカルもなかなか味わえる。

 

【4】総評

 コンパクトで持ち運びやすい利便性とほどよい量感とキレのあるパワフルな中高域、小型の割に尖りすぎない滑らかな音となかなか優れたバランス感覚を感じさせるスピーカー。低域に弱さがあるという点を除けば、ボーカル中心にロック&ポップスやダンスミュージックを楽しむには悪くない。一方で弦楽やピアノなどは弱く、クラシックや映画音楽向きではなさそうな印象だ。

 

ECANDY 防水Bluetoothスピーカー ミニHIFIアウトドアワイヤレススピーカー 3.5mmオーディオTFカード入力 USBポート搭載 (X1オレンジ)

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ワイヤレスシアターヘッドフォン KingYou HD-01 レビュー】通信性能崩壊。音質的にも価格の割に物足りないか

ワイヤレス bluetooth ヘッドホン 3000円~5000円 KingYou

KingYou bluetooth 4.0 ヘッドフォン シアター ワイヤレス 高音質 ハイレゾ音源対応 オンイヤー ヘッドホン 折りたたみ式 有線可能 (HD-01 ブラック )

 

おすすめ度*1

 

f:id:kanbun:20170216114119j:plain

ASIN

B01MY5HR5C

  おしゃれな外観の折りたたみ式ワイヤレスヘッドホン。スタイリッシュな都会風デザインはなかなかにっかこいい。装着感は普通。ただズレやすくので運動のお供には向かない。

 通信性能はゴミ。接続してしばらくして通信が不安定になって音が飛び始め、やがて通信途絶する。とてもワイヤレスでは使えない。これではとてもレビューどころではないので、以下のレビューは付属のAUXケーブルを使って有線接続して行なった。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 充電用USBケーブルとAUXケーブルが付属する。コントロールパネルは本体右側のイヤーカップに集中している。

 

【2】音質

 大音量では音割れしやすく、音にあまり深みも無く、同価格帯のほかのヘッドホンに比べると魅力が薄い。パーカッションの表現が薄く、ボーカルもややかすれた細い感じで味気ない。

 

[高音]:高域はそこそこ出ていて、まあ精彩もあって悪くは無いかも知れない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、petit milady「azurite」でテスト)

[中音]:ステレオ感が強く耳に近い。弦楽音は広さを出しており、そこそこ情緒も観じられる。

[低音]:70hz付近にピーク。低域音は全体的に厚みも無く、深くなく、淡泊。聞きやすいとは言える(分島花音killy killy JOKER」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:ステレオ感強め(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:弾みもあまりなく、全体的に軽く薄っぺらい感じがある(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは目立つが、むしろ他の音が目立たないためにボーカルに意識が向きやすいと言った感じで、特別精彩があるわけでもない。

 

【3】官能性

 特筆すべきことは特にないので、あまり書かないが、まずUVERWorldの「CORE PRIDE」は本来はガンガン攻めてくるはずのドラムが淡白で味気なさ過ぎる。熱量まったくなし。東京カランコロン「スパイス」はパーカッションにキレがないせいか全体的にぼんやりしてもやもやっとした味付け。Rie fu「One-Bite」も全体的にもこもこしていて、あたたかみはあるが、情感に訴えかけてこない。

 

【4】総評

 個体差の問題があるのかもしれないが、手に入れた個体はあきらかにはずれ。ワイヤレスはまともに機能しないし、有線でも音はとても同価格帯のヘッドホンに劣るどころか、1000円台のヘッドホンでさえ選べばこれよりよさそうなものはたくさんある。見た目がかっこいいくらいしかおすすめポイントがない。

 

KingYou bluetooth 4.0 ヘッドフォン シアター ワイヤレス 高音質 ハイレゾ音源対応 オンイヤー ヘッドホン 折りたたみ式 有線可能 (HD-01 ブラック )

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ゲーミングヘッドセット AudioMX GM10 レビュー】USB専用ゲーミングヘッドセット。独特の使い心地の良さはあるが、総合的には並か

ゲーミングデバイス AudioMX ゲーミングヘッドセット ヘッドホン 3000円~5000円

Audiomx ゲーミング ヘッドセットPS4 XBOX ONE パソコン ゲーム用 ヘッドホン 7.1chサラウンドサウンド ヘッドアーム伸縮可能 高集音性マイク付 軽量 ブラック GM10

 

おすすめ度*1

 

f:id:kanbun:20170206010939j:plain

ASIN

B01N7FI8EX

 比較的付け心地の良い直径の大きめのイヤーマフ、頭を包み込む形で装着感の良いヘッドバンドが特徴。遮音性はそこそこある感じだが、音漏れもそこそこある。

audio-sound.hatenablog.jp

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 まずUSB専用だという点が大きな特徴で、PCのサウンドカードやDACなどを利用しづらい。内蔵の簡易DACのおかげか音質は良いが、一定以上を求める人には不向き。

 なかなか好ましく思ったのは余計なコントロールパネルがコードの途中にない点。ボリュームコントロールは左耳のイヤーカップ外側に、マイクON/OFFはカップ後方にある。好みは分かれるが、ケーブルの途中にコントロールパネルがあると重みを感じたり、プレイ中にひっかかったりということがあるかもしれず、またコントロールパネルを見失ってしまうということもある。そういったことがないのは便利ではある。

 

【2】音質

 内蔵簡易DACの効果のせいか、広さを感じる圧迫感のない音場と厚みと躍動感の同居したそこそこ味わい深い低域は魅力的。パーカッションも粒感が細やかに出ていて、価格以上の迫力と色合いを感じる。

 

[高音]:高域は比較的自然でしとやかな潤いもある音色。尖った感じはなく、落ち着いて聞きやすい(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、petit milady「azurite」でテスト)

[中音]:低域とともに広さを感じさせ、弦楽音などにも精彩感があり情緒はよく出ている。

[低音]:100hz~60hzまできれいな減衰、50hzからはややおとなしめで沈む。厚みのある柔らかめの低域を耳下くらいに感じるので、下方向に豊かな味わいがある。広さと繊細さのほどよく同居した中域とともに全体として地中海の穏やかな波濤に彩られた水面をイメージさせられる(分島花音killy killy JOKER」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:ステレオ感もやや強く、高さよりは下方向の厚みを意識しやすいこともあって、ややパノラマ的な味わいになる(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:なかなか細かな粒感のある音なので、シャキシャキとしたスパイスは利いている(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは量感的には豊か。繊細さはやや物足りないかも知れず、息感には不足を感じるかも知れないが、尖りがなく、聞きやすく良質。無難に悪くないという感じか。

 

【3】ゲーミング体験

 緻密な音表現で空間を演出する「Witcher 3」「The Elders Scrolls Ⅴ: Skyrim」でテストした。広めの表現になっており圧迫感はなく、また方向感もなかなかしっかりしており、足音や周囲の音で方向付けがわかりやすい。

  ナレーションは聞き取りやすく、よく分離されている。

 

 ホラーゲームは「バイオハザード7 Resident Evil」でテストした。こちらも方向感はそこそこ出ている。空気感も悪くなく、PCゲーム向けとしては無難。

 

【4】マイク

 マイクの指向性のせいか、場合によってキーボードの打鍵音などが入る。声質は自然。

 

【5】総評

 USB専用という点がやはり好みを分けそう。USB式は環境によって遅延が大きく出てしまうこともあり、テストした範囲では目立った遅延は感じなかったが、こだわる人は注意だ。ゲーム用として見ると実はそれほど尖った感じもなく、あえてこれを選ぶ必要はあまりなさそうというような感じだが、方向感はしっかり出ていてゲームの空間的な味わいはよくできているので、変な味付けがない分万人向きで素直ともいえる。音楽もなかなか味わい深く、全体として使い勝手は悪くない。

 ただ総合的にはこれといった押しが目立たないのも事実で、わざわざUSB専用のこれを選ぶ必要性をあまり感じないところはある。

 

Audiomx ゲーミング ヘッドセットPS4 XBOX ONE パソコン ゲーム用 ヘッドホン 7.1chサラウンドサウンド ヘッドアーム伸縮可能 高集音性マイク付 軽量 ブラック GM10

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【コンパクトヘッドホン Ailihen i60 レビュー】やや低域寄りのドライな味わい

ヘッドホン 1000円~3000円 Ailihen

AILIHEN I60 ヘッドホン 密閉型サラウンドヘッドフォン マイク付きリモコン MP3 Mac スマホなど対応 (ブラックレッド)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170129043521j:plain

ASIN

B01M7252ES

 質感は全体的にプラスチックっぽい感じだ。光沢感が強く、イヤーマフも肌触りはさらっとしているが、ややフェイクレザーっぽいツルツル感があるので、付け心地にこだわる人、とくに柔らかめのイヤーマフを好む人は注意。付け心地は全体的にややかためな印象だ。

 付け方にもよるのかもしれないが、遮音性はそれほどでもない気がするが、環境音があっても意外と音はよく聞こえる。低域強めではっきりした音のせいかもしれない。音漏れは普通。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 シンプルな構成でヘッドホンから3.5mmプラグだけ。ケーブル中途に簡単なコントロールパネルがついており、iPhoneAndroidで操作ができるようだが、PCでは反応なし。

 

【2】音質

 全体としてドライな感じで、低域がやや近く厚めに感じられる上にゆったりとした中域とややざらつく高域が響く。鳴り方は低価格にしては意外とクリアで弦楽音はそこそこエッジの感じられるきれいな音。反面高域のボーカルには物足りなさを感じてしまうことも多いかも知れない。全体として大人びた雰囲気で高域で盛り上がるアニソンよりは中低域で聞かせる落ち着いた曲のほうが合う。音量を上げると音がぼやけて解像度の足りなさを感じやすい。

 

[高音]:ナチュラルな感じだが、ややざらついた感じがある。のびやかさには不足を感じやすい(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)
[中音]:中域はやや奥まる感じがあるが、広さはそれほど感じない。
[低音]:厚めの振動がきれいな、野太いといった印象の音。100hz以下の減衰は素直で山を感じないが、40hzから下はやや粗くノイジーな音になる。そのため低音は厚ぼったく床を作る感じで、その土台を感じやすい。その厚みのせいか比較的素直な減衰にも拘わらず、深掘り感はそれほどない気がする(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、Round Table featuring Nino「Rainbow」、重低音音源動画でテスト)
[解像度・立体感]:全体として地平を意識して聞こえ、それほど高さは感じず、ステレオ感が強い(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:弾みはそこそこだが、厚ぼったい低域のせいか反動のようなものはしっかり感じる。シンバルにがなる感じがなく、ドラムスの鳴り方はやや単調に聞こえる(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:ボーカルは生々しさの点ではやや劣る気がするものの、比較的自然で臭みがない。

 

【3】官能性

 (K)NoW_NAME「Harvest」は低域の我が出るせいか全体的にもっさりした感じに聞こえ、シネマティックなキラキラ感は薄い気がする。弦楽音が決してのびやかでないわけでもなく、ボーカルもほどほどの味わいがあるのだが、全体として煌めき感が足りない気がする。比較的演出のない自然な音出しをしているせいか、解像度での物足りなさを素直に感じるようだ。

 supercell銀色飛行船」も低域がやや感じられ、しっとりした感じもよく出ているのだが、やはりもたつく印象を受けてしまう。またドラムが重たく、弾みが薄いせいで全体的に暗さが増している印象だ。

 nano.RIPE「月花」は悪くない。ギターは左右からしっかり聞こえてくるし、ベースとドラムの鳴り方が腹に響く感じで全体的に締まった構図を作り出している。ボーカルの自然な味わいにとげとげしさがなく、全体として叙情性がよく出ている印象だ。

 

【4】総評

 全体としては低価格の割に音にクセや歪みが少なく、よくできている印象だが、意外にもクセのあるヘッドホンという奇妙な評価をしてしまう。付け心地も悪くないが、なんとなくかためでイヤーマフの付け心地もクセがあるし、音楽のほうも聞いてみると曲によって味気なく思う場面も多い。ところが、ではどこが問題で物足りないのか考えると、あまり明確な答えが出せず、ミクロに分解して考えると、価格なりかそれ以上くらいの音質であるように思え、低価格ヘッドホンにありがちな音割れや歪んだ感じがないのはむしろ美点であるように思う。結局のところ、そうした素直な鳴り方が単純な解像度の不足をよりクリアに意識させてしまうと云うことだろうか。しかし折りたたみ式で持ち運びやすいのも含めて、使い勝手は悪くないのでなんとも。

 

AILIHEN I60 ヘッドホン 密閉型サラウンドヘッドフォン マイク付きリモコン MP3 Mac スマホなど対応 (ブラックレッド)

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ワイヤレスゲーミングヘッドセット Logicool G533 レビュー】これはおすすめ!新時代のワイヤレスゲーミングヘッドセットの定番になるか

ゲーミングヘッドセット ヘッドホン ワイヤレス 10000円~20000円 Logicool ゲーミングデバイス

Logicool ロジクール G533 ワイヤレス DTS® 7.1 サラウンド ゲーミング ヘッドセット

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170126220820j:plain

ASIN

B01NBMJRN1

 外観的にはやや扁平なようにも思えるが、イヤーカップは比較的柔軟に動くので、悪くない付け心地。LEDでコントロールパネル部が少し発光するものの、黒色でシンプルにまとめられているところは安物のゲーミングヘッドセットにありがちなケバケバしさとは無縁。LEDインジケータは充電残量に合わせて色合いが変化する。ややごってりした無骨な雰囲気の強調されていたG633やG933と比べると、だいぶスマートな印象だ。

 重量も意外と軽く、長時間プレイでもそれほど負担にならない。無線接続は専用のUSB送受信機をPCに接続させる形式。PCでしかテストしていないが、4gamer.netによるとPS4でも使える模様。遅延は全くと言って良いほど感じられない。

 バッテリー駆動時間が公称15時間とかなり破格の長さなのは驚き。

 

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はマニュアル、充電用USBケーブル、無線USB送受信機が付属する。

 

【2】音質

 付属ソフトウェアで「DTS Headphone:X」に対応する。バーチャルサラウンド7.1chに対応しているので、DVDのサラウンド再生も楽しめる。音質としてゲーミングヘッドセットにありがちな低域にやや偏ったドンシャリといった印象。

 

[高音]:高音はやや奥まって感じられる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)
[中音]:低域が近くに出るので、素直に奥行きを表現する形になる。
[低音]:100hz~40hzまで比較的きれいに減衰する。40hzはやや強く、以降はかなり急激に減衰する印象。(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、Round Table featuring Nino「Rainbow」、重低音音源動画でテスト)
[解像度・立体感]:サラウンド機能をつけるとだいぶ回り込み感が強くなるので、包まれている印象が目立つ(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:低域パーカッションが強めの印象だが、全体的にほどよい躍動感もあり悪くない(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:ボーカルは少しキラキラしたところもあるように思うが、それほど不自然ではない。低域が近いのでそれとの接近を意識させられる。

 

【3】ゲーミング体験

 全体的に回り込み感が強く、頭の後ろ方向からの音を意識させられる。「Witcher 3」のような緻密な鳴り方をするオープンワールド系ゲームだと少し没入感が強すぎて、最初はクラクラするかもしれない。近めの音は耳裏付近からかなり生々しく聞こえてくるので、森などの鳥の鳴き声や昆虫の音などの表現がかなり近く、肌に感じられるような感覚がある。

 ホラーゲームでも臨場感は高く、とくに敵キャラに追い回されたりする展開の足音・気配の生々しさや出合い頭の絶叫系効果音はかなり衝撃的。

 

【4】マイク

 ノイズキャンセリング機能を搭載しているせいか、声色は比較的クリアで篭もる感じはない。ただサーっとしたノイズ音がやや聞こえる。基本的にはナレーション向きの素直に会話を拾う調整でゲーム実況などにも悪くない。

 

【5】総評

 専用USB送受信機を使うタイプなため、スマホタブレットでは使えず、基本的には自宅用ヘッドセットという印象。しかし軽量でデザインも落ち着いていて、しかも遅延が少なくサラウンドにも対応とゲーム・動画鑑賞用としてはかなり満足度の高い製品。ロジクールのワイヤレスゲーミングヘッドセットは全般的に強気な価格設定のうえ、自宅利用なら多くの場合ワイヤレスでなくてもよいということを考えると悩ましいところではあるが、自宅用のワイヤレスゲーミングヘッドセットとしては高度にバランスが取れており、20000円以下で選ぶなら現状ベストバイに近い。

 問題は同価格帯の有線ヘッドホンのレベルが高いので、ゲーミング用途という特殊性を考えても、少し選びづらいところか。

 

Logicool ロジクール G533 ワイヤレス DTS® 7.1 サラウンド ゲーミング ヘッドセット

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【モニターヘッドホン AudioMX HS-5S レビュー】音は全体的に近く、ステレオ感も強い。しかし抜けが良く圧迫感が少ないので、クリアな量感サウンドが楽しめる

ヘッドホン 5000円~10000円 AudioMX

AudioMX モニターヘッドホン オープン型 オーバーヘッド HiFi 高音質 可動式イヤーカップ/交換用イヤーパッド付/有線タイプ HS-5S

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170102142040j:plain

ASIN

B01M0ILBLS

 柔らかめのイヤーマフと厚めのクッションのヘッドバンド、開放的なドライバー構造が特徴のモニターヘッドホン。イヤーカップ部分は比較的軽量で、装着感としては頭頂部に重みを感じる独特のバランス。

 遮音性はそこそこ高い反面、ドライバーが開放的なので音漏れはかなりある。外用ではなく、室内で音楽を楽しむ用途に特化しているといえる。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 標準のコネクタは3.5mm用だが、6.5mm用の変換アダプタが付属する。イヤーパッドが付属している。

 

【2】音質

 ドライバーの大きさはΦ42mm。モニターホンとしては大きすぎず小さすぎずといった感じで、鳴り方も圧迫しすぎず量感が足りなく感じることもないというバランス重視なライン。音は耳に近めに感じるものの、開放的な構造のせいか抜けが良く、篭もる感じがない。低域がやや近く強めに感じるものの、弾みがよく精彩もあるため余計な重たさは意外と感じられない。

 

[高音]:ナチュラルな鳴り方で伸びも生々しさを維持したもの。キラキラ感などの臭みはなく、かすれやハスキーさも強調されない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)
[中音]:低域が広く強いのでやや後退した感じに聞こえるが、広さに貢献している。
[低音]:60hzにピーク。鳴り方はホルンのような振動で管楽器的。かなり直線的に聞かせてくる印象。そのせいか比較的締まって聞こえる。50hz以下はややぶれて減衰していく(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、Round Table featuring Nino「Rainbow」、重低音音源動画でテスト)
[解像度・立体感]:全体的に近く、耳に音楽を流し込んでくる印象。左右がかなりはっきりでて、明確に意識されるのでステレオ感が強い(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:弾みもあり、生々しさもある肌感のあるパーカッション。価格の割に素材感をそこそこ感じさせるので、全体的に温かみがあって生命的(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:ボーカルも生々しさがあり、アナログ的。のびやかさや息遣いに臭みがなく、価格の割に良質。全体的に耳に近い。

 

【3】官能性

 (K)NoW_NAME「Harvest」はボーカルの精彩感が強い。弦楽的な楽器音はややシアトリカルな感じが強調されるところがあるのか、鳴り方が少しくどく、音が潰れるような印象がある。この曲ではサビ部分でとくにその傾向が強くなるので、ボーカルに強くフォーカスが当たるところがあるが、このヘッドホンは元々音が近いせいもあり、ややボーカルの後ろから楽器音が乗っかってきて煩わしく感じられるところがある。とはいえ、全体としては量感のあるサウンドが楽しめる。

 分島花音RIGHT LIGHT RISE」は低域がしっかりと地面を作り、躍動感を演出しながらボーカルが力強く展開される、本来の持ち味が比較的良く表現されている。音が近いせいかやや圧迫感が強めに思うが、抜けは良いので食傷になるほどうるさくはない。中域も広さに貢献しているところもほどよい開放感につながっているようだ。

 鹿乃「ディアブレイブ」は低域と弦楽が強めで若干シアトリカルな演出が強めで鮮やかさとリズム感に傾いた印象。ボーカルは近いものの、息遣いはだいぶ抑えられた印象でボーカル中心というよりは楽器音との兼ね合いを意識してはっちゃけない冷静さを感じる演出。変化に富んだボーカルが好きという人には物足りないかも知れないが、映画音楽的な豪華さの感じられる味付けは悪くない。

 

【4】総評

 比較的自然な音色だが、ややシアトリカルな演出になるので、サントラやオーケストラ向きかも知れない。ボーカルは臭みがなく自然な味わいができる。量感もしっかりしている。

 

AudioMX モニターヘッドホン オープン型 オーバーヘッド HiFi 高音質 可動式イヤーカップ/交換用イヤーパッド付/有線タイプ HS-5S

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ワイヤレスイヤホン Yenona Y7 レビュー】丁寧で自然な表現。高域に艶が足りず、やや立体性に乏しいが、全体としてレベルは高い

ワイヤレス イヤホン 1000円~3000円 bluetooth Yenona

Bluetooth 4.1 イヤホン ステレオ 防汗防滴 マイク内蔵式 ワイヤレスイヤホン 耳掛け式ランニング用スポーツヘッドセット iPhone&Androidなどのスマートフォンに対応(ブラック)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20161120043810j:plain

ASIN

B01EWORAGG

 45°傾斜が設けられていて耳にしっかりと差し込まれるイヤーピースと、ファイバーコーティングされてタッチノイズをうまく抑えられている見た目もかっこいいケーブルが特徴。

 遮音性はそこそこ、音漏れはやや少なめ。

 通信性能も安定しており、途絶や遅延は感じられなかった。aptXには対応しない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、イヤーフック。携行ケースも付属しており、マニュアルは英語で日本語非対応。

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/617lYsKb%2BuL._SL1000_.jpg

 

【2】音質

 音質は全体的に軽妙で弾みの良い印象。量感もなかなかにあり、パーカッションの活きの良さが目立つ。一方で弦楽・キーボードなどの楽器音は全体的に控えめで情感は抑えがちな表現。ボーカルも演出が少なく、やや落ち着いたしっとりした感じに出る。

 

[高音]:粒は良く、音はなめらかさもあってきれいだが、落ち着いた感じでしっとり。やや自己主張が少ない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:全体的に広さ重視の感じで弦楽は奥行きを感じさせる。表現としてはおとなしめでのびやかさに情感などはなく、きらめき感も強くない。

[低音]:厚みを感じさせるしっかりした音で粗やブレが少ない。減衰は自然で100hz以下はストレートな印象だが、20hz以降も振動を感じ、かなり深掘りしている (分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:左右やや後方が近く、そこから頭の中心を包み込む感じ。弦楽音はだいぶ奥まるところもあり、奥行きは出る。高さ的には目線付近に集中している(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:アタック感強めでキレのある音。爆発力もなかなかにあり、全体的に弾みが良い音(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは中低域の親近性があり一体感がある。自然な味わいで演出は少ないが、存在感はしっかりしていて聞き取りやすい。キンキンしたり息遣いが刺さってこない。個人的には好み。

 

【3】官能性

 (K)NoW_NAME「Harvest」は低域の厚みの上にボーカルのあどけなさもある声色が丁寧に表現されている。ボーカルに色をつけないこのイヤフォンでは思う存分若いボーカルの持つ独特の混色が味わえる。またキラキラしすぎず落ち着いたピアノ表現と粒感のあるパーカッション表現が曲調をうまく出している。この曲はイヤフォンによってはざわつく不快要素に興を削がれる場合があるが、このイヤフォンでは弦楽も強く出過ぎず、ほどよい情感を加えるにとどまり、全体のしっとりした雰囲気をあますところがない。

 今井麻美「朝焼けのスターマイン」はやや安定感が強い。この曲はキラキラ感が強くなるとまぶしいほどきれいに輝く曲だが、このイヤフォンでは比較的落ち着いている。一方でボーカルに注力して聞きやすくなっており、ボーカルは息遣いを中心に自然な声色を味わいやすく、生々しい瑞々しさがある。

 supercellMy Dearest」はやはり低域の厚みがしっかり出た上に、個々の楽器音が自然に自己主張しすぎず一体的に感じられる。パーカッションの弾みもよく曲にメリハリをしっかりつけており、サビでは楽器音がキンキンしないので聞きづらいところもなく、全体的に展開がなめらか。良質だ。

 分島花音「EIGHT LIGHT RISE」も悪くない。金管音がやや控えめなせいか高さはそれほど感じられず、どちらかというと低域中心の地に足が着いた音楽になっているのは好みを分けそうだが、ボーカル中心にしっかり味わえる。パーカッションの刻みも良く軽快さはよく出ているので、やや立体感は乏しいものの、全体として良くまとまっている。

 

【4】総評

 高域は決して出ていないわけではなさそうだが、全体的に存在感が薄い。とはいえ聞こえないわけではなく、表現としては意外と綺麗で良質なのだが、のびやかさがやや乏しい。そのせいか立体を感じづらいものの、総じて中低域を中心にきれいに音が出ており、価格の割にレベルは高い。

 

 

 

Bluetooth 4.1 イヤホン ステレオ 防汗防滴 マイク内蔵式 ワイヤレスイヤホン 耳掛け式ランニング用スポーツヘッドセット iPhone&Androidなどのスマートフォンに対応(ブラック)

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【モニターヘッドホン Studio Pro PRO-001 レビュー】上質な付け心地と情感表現に安定感のある音質。高級機種の感覚を手頃に味わえる

5000円~10000円 Studio Pro ヘッドホン

Studio Pro オーディオ ヘッドフォン 密閉型 高音質 折りたたみ式 プロフェッショナル DJヘッドセット 直接携帯電話やDJ機器に使用できる 片手制御のための90°回転するイヤーヘッドホンを提供し、50ミリメートルの電力線がある

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20161119154910j:plain

ASIN

B01CIDOQ88

 厚みがあり、柔らかいイヤーマフと伸縮するケーブル、軽量な装着感と高級機種さながらの付け心地を実現している。

 イヤーマフが比較的しっかり密着するので遮音性はそこそこ高め。音漏れはそこそこある。DJホンを名乗るだけあって首掛け試聴もかろうじて可能だが、音は小さめなので、クラブなどの環境音が激しいところでは聞こえないだろう。

 

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 3.5mm/6.5mm両用のケーブルが付属する。このヘッドホンは左右で口径が異なっており、接続機器に合わせてケーブルを左右付け替えて使うことができる。付属ケーブルは1本のみ。ほかに携行用の収納袋がつく。

 ヘッドバンドやイヤーパッド周りの構造はかなり柔軟で付け心地の良さに貢献している。

 

【2】音質

 ドライバーの大きさはΦ50mm。大きめの割に量感はそれほどでもないように思うが、反面ドライバーの反応が深く、解像度のよさを感じる。モニターヘッドホンを名乗るだけあり、丁寧な音の表現をしている印象だ。音域的には低音から高音までバランスよく出る。また音色にクセが少なく、キラキラしたり尖ったりすることがなく、自然な味わいを楽しめる。解像度の高さは素直に伸びのよさ、空気への音の溶け込みのきれいさに出ていて、弦楽の伸びやかさやパーカッションの消失感の本物っぽさはなかなか。ただ量感は思ったほどないので、全体的に上品な印象だ。どちらかというと弦楽メインで情感豊かな曲を得意とする。

 

[高音]:色合いはかなり渋く抑えられているが、のびやかさにすぐれている。出だしのインパクトよりは後半にかけて奥行き感を出していく(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)
[中音]:のびやかな表現は情感優位で広さの表現はそれほどでもない。ガチャガチャするような音は抑えられ、キラキラした感じは強くない。やや乾いた印象があるが、緻密さは丁寧。
[低音]:ドライバーの大きさのわりに控えめに思える振動。70hz~60hzくらいにピークがあり、やや強めに震える。50hzからはかなりおとなしくなり、自然に減衰していく(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、Round Table featuring Nino「Rainbow」、重低音音源動画でテスト)
[解像度・立体感]:立体感よりは音の描き分けに注力している印象で、全体的に音源を近く感じる(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:アタック感はそれほど強くなく、味付けはかなりさっぱりに思うが刻みは細かくきれいに聞こえるので粗さはなく、粒が締まった音がする(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:ボーカルはきわめて自然。やや乾いたかすれた感じに思う出だしだが、非常にのびやかなので、後半に行くほど潤いを増すように感じる音。楽器との距離感も近く一体感がありながらしっかりと混ざらず描き分けられているのは解像度の高さを感じさせる。

 

【3】官能性

 東京カランコロン「スパイス」はやや乾いた印象。パーカッションの音がソリッドで胡椒味のある感じになっており、全体として塩辛そうな表現になっている。ボーカルもドライだがのびやかな声色は失われておらず、低域ドラムのパンチは強くないが、ブローのように確実に効いている。全体としてブラックペッパー風味。

 東山奈央「Hello Alone -Yui Ballade-」は弦楽の音色が非常に伸びやかで情感に満ちている。ボーカルは声優声独特のつややかさがやや弱まっているので、この曲に限っていれば魅力は多少失われているが、反面息遣いは丁寧に拾われている。惜しいのは低域弦楽音付近がざわつくのが耳障りなところ。これは音量を下げれば比較的目立たなくなる。

 nano.RIPE「月花」はこのヘッドホンの良さを味わうには最適な曲。ボーカルのコケティッシュな味わいにギターの色鮮やかな情感が重なる。低域も支配的にならず、中域以上を邪魔しないが存在感はしっかり。メルヘンチックで童話的、叙情を感じさせるnano.RIPE独特のロックサウンドを見事に再現している。この価格帯でここまで表現できる機種はそうあるまい。

 GARNiDELiABLAZING」は低音がやや剥き出しに迫ってくるところがあり、この曲の魅力である奥行き感はやや減じている気がする。一方でボーカルのドライながらものびやかな声色はよく出ており、この点は素晴らしい。全体的に低域よりの音が強い曲なのだが、それが色濃く出てしまってこの曲のもう一つの味である爽快感はあまり出ない。

 

【4】総評

 価格の割に付け心地・音質ともに上位機種並のものがあり、満足度は高い。一方でクセが少なく、空間表現も単調で音の描き分けの表現に注力している正統的なモニターホンといった味付けなので、ドライであっさりした印象を受けやすい。

 とくに爽快感やキラキラ感を表現するような爆発力や光沢感のある音は淡泊に出る傾向があるので、デジタルな音源の表現はやや苦手。一方で伝統的な楽器の表現はきれいで丁寧に出る。ボーカルと楽器との一体感もよく演出されるので、まさしくモニターホンとして剥き出しの音楽を楽しませてくれる製品だ。音楽編集用にも良い。

 

Studio Pro オーディオ ヘッドフォン 密閉型 高音質 折りたたみ式 プロフェッショナル DJヘッドセット 直接携帯電話やDJ機器に使用できる 片手制御のための90°回転するイヤーヘッドホンを提供し、50ミリメートルの電力線がある

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ワイヤレスヘッドセット AUSDOM ANC7 レビュー】名機M06を正統進化、高級化された密度と量感に満ちた音楽体験

AUSDOM ワイヤレス ヘッドホン 10000円~20000円 aptX bluetooth

【AUSDOM正規品】AUSDOM アクティブノイズキャンセリング ワイヤレスヘッドホン 技適マーク取得済み 密閉型 Bluetooth 4.0 apt-x対応 ANC機能

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20161115042840j:plain

ASIN

B01LY2SD0L

 外観的には同じくAUSDOMで人気の高いワイヤレスヘッドセット、M06の形状をほぼ踏襲しており、付け心地はイヤーマフの材質に至るまで変わらない印象。柔軟なフレーム構造でフィット感良好。

 ノイズキャンセリングはON/OFF切り替え可能。音質的に音圧と音量があり、感強音に影響されづらいが、アクティブノイズキャンセリングも搭載されており、遮音性についてはほぼ文句がない。反面音漏れがやや目立つのはM06以来変わらないが、ノイズキャンセリングをONにするとかなり音漏れは減る。逆にノイズキャンセリングをOFFにして音量を大きくすれば大抵の曲で首掛けして聞くことができる。

 aptXに対応した。通信性能的には音源再生機器から5m程度離れても音飛びなどは少なめで安定している。一方で遅延はやや出やすく、動画鑑賞では口パクを感じやすいかも知れない。

 

 

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は日本語含む多言語マニュアル、AUXケーブル、充電用USBケーブルが付属する。

 

【2】音質

 大きめのΦ40mmドライバーから発せられる、音圧と量感は健在。膜を張るように躍動的で柔らかい生命的な低域も魅力。その低域が作るしっかりした音場の上を丁寧に中域・高域が重なっている。中域は密度重視のやや近めな味付けで奥行きよりは迫力を感じるが、それだけに充実感があり、音楽をほおばるようにお腹いっぱい楽しめる。ノイズキャンセリングをONにすると全体的に低域が浮き上がって聞こえてくる印象だ。

 

[高音]:粘りもあり突き抜け感も出てきれいにのびていく(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)
[中音]:低域に比べるとやや奥まって広さを表現するが、左右の張り出しもよく、量感があるので意外と近く感じやすい。
[低音]:100hz~40hzまで荒れるところなくきれいに減衰する。50hzでかすかに荒れるが、量感に満ちたしっかりした音。ドラムは厚みと地鳴り感が強く、しっかり下方向にたたき込んで床面を作りながら躍動的でもあり、生命力が感じられるので魅力的(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、Round Table featuring Nino「Rainbow」、重低音音源動画でテスト)
[解像度・立体感]:比較的密度があり、広さや奥行きより迫力を感じやすい(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:アタック感も良好でメリハリがあり、ドラムが躍動的なのもあって跳躍的で疾走感も感じやすい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:ボーカルは肉厚気味だが暗くならず、力強い感じでのびやか。明るく元気。

 

【3】官能性

 やなぎなぎユキトキ」は低域のリズム感、弦楽の艶やかで情感のある厚みの感じられる音が魅力。弦の運びの躍動が見えるほどに精彩がある。左右を走り回るようなパーカッションの音にも生命的な存在感があり、春を迎えて活力があふれ出す雰囲気に満ちている。

 AKINO with bless4エクストラ・マジック・アワー」はもはや中毒的。密度があって力強く躍動する低域、迫力と密度のあるオーケストラ風の味付けに、元気で飛び回る様子がイメージできるほど楽しげで伸びやかで力強いボーカル。量感のあるサウンドは良質。

 今井麻美「朝焼けのスターマイン」は密度高めの表現で厚みを感じるメロディーに温度感を持ったボーカルが優しいながらも充実した音楽を表現する。高域でも明るくともる暖色系のボーカルに胸がほっこり温まる。

 Claris「CLICK」は密度高め。緻密さもほどほど感じるが、どちらかというと低域の支配力が強く、厚みのある低域とボーカル中心の比較的大味なものを感じる。高域でのボーカルの突き抜け感はかなり減じてしまっているが、かわりに量感のある低域の迫力が楽しめる。

 

【4】総評

 低域の生命的な充実に妙味がある。クラブサウンドのような曲では中域の緻密さが犠牲になったり、ボーカルの傾向によっては突き抜け感が減ったりするところはあるものの、低域に引っ張られない中高域も密度が高い。全体として音楽をお腹いっぱい楽しめるといった満腹感を与えてくれるヘッドホンに仕上がっている。

 ノイズキャンセリング機能とaptX対応で、全体的に底上げされたM06という印象。価格はほぼ二倍と高くはなってしまったが、機能的には妥当。アクティブノイズキャンセリング機能つきのヘッドセットとしては安めで、しかもaptX対応ならコスパは高めな方だ。ただ家用としてはM06で十分ともいえるので用途に合わせてチョイスしていくことになりそうだ。

 

【AUSDOM正規品】AUSDOM アクティブノイズキャンセリング ワイヤレスヘッドホン 技適マーク取得済み 密閉型 Bluetooth 4.0 apt-x対応 ANC機能

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ワイヤレスヘッドセット AUSDOM AH2 レビュー】低域を支えに、密度の高い重厚な音楽を奏でるヘッドセット

ワイヤレス ヘッドホン AUSDOM 3000円~5000円 bluetooth

Ausdom AH2 ヘッドホン ワイヤレスブルートゥース Bluetooth V4.0+EDR 内蔵マイク 高音質 3.5MM 折り畳み式 充電式 長待受時間250hrs 長使用時間20hrs ケーブル付属 スマホ/PC/タブレットPC/ゲーム機など対応

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20161101073329j:plain

ASIN

B01D5YH1HC

 ワイヤレスヘッドセット。イヤーマフが革質で価格の割に耳当たりが良質で、装着感はなかなか。通信途絶や遅延はほぼなく、動画鑑賞や通話にも堪える。

  遮音性はそこそこ高く、音漏れも適正音量ならそれほど目立たない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は充電ケーブル、優先接続用のAUXケーブル、マニュアル。マニュアルは多言語対応だが、日本語には対応しない。

 メインインターフェースは電源や音量調節などのコントロールパネルが右イヤーにある。

 

【2】音質

 やや厚みのある低域と軽快かつほどよい緻密さのある中域が魅力で、全体として下方に安定した印象の音質。空間的にはほどほど広く、高域はややおとなしめ。

[高音]:のびやかだが、ややしっとりした落ち着いた感じの音でキンキン尖る感じはない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:ほどほど広く、密度感もそれなりに感じられる。音に厚みがあり、ピアノ音などの精彩感もそこそこあるので満腹感のある音質と言える。

[低音]:100~30hzまで比較的シームレスな減衰。20hz以下はほぼ無音。低域にしっかりとした深みが出ている(分島花音killy killy JOKER」、Round Table featuring Nino「Rainbow」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:全体的に頭の周り耳の周囲に音が集まり、囲まれている感じになる。奥行き感はそこそこ(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:それほどシャープではないが、弾みはそこそこあり、深みもある。躍動感はほどほど出るが、アタック感はそれほど強くない(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:全体として厚みがあり、そこそこのびやかだが、高域に高く伸びていく感じはそれほどなく、中域~低域で力強さを感じる傾向にある。

 

【3】官能性

 Kylee「大好きなのに」は低域ドラムやベースがしっかりと土台を作り、下方に厚みを感じる重厚な感じになる。ボーカルは高域では落ち着いた感じで力強さはほどほどで中毒性は高くない。

 奥華子「恋」はピアノの音にほどよい精彩感と落ち着いた艶やかさがあり、高域も尖った感じがなくしっとりしているので、非常に大人びた曲調に聞こえる。穏やかな波を打つ海面とやや生暖かさのある風を感じる晩春の気候のような音楽が展開されている。

 Claris「カラフル」は低域重視でパーカッションにほどほどの弾みがある。音の緻密さはそれほどでもないので中毒性は薄いかも知れないが、全体的に重厚でややシネマティックに感じられる。

 

【4】総評

 価格の割に高級感のある外観と付け心地は魅力。音質的には低域寄りの重厚な音になるが、それほど下に引っ張りすぎず、全体として水平線寄りに音が集束しているというような印象だ。高域はややしとやかで重い感じがあり、女性ボーカル好きの人は好き嫌いが出そうな音ではある。

 

Ausdom AH2 ヘッドホン ワイヤレスブルートゥース Bluetooth V4.0+EDR 内蔵マイク 高音質 3.5MM 折り畳み式 充電式 長待受時間250hrs 長使用時間20hrs ケーブル付属 スマホ/PC/タブレットPC/ゲーム機など対応

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【aptX対応ワイヤレス骨伝導イヤホン KSCAT Nice5 レビュー】音質的にはやや軽い印象だが、骨伝導イヤホンの中では悪くないほう

イヤホン ワイヤレス 骨伝導 KSCAT 5000円~10000円 bluetooth aptX

KSCAT 骨伝導 ヘッドホン bluetooth ヘッドセット 高音質 IPX6レベル防水 連続再生6時間 ワイヤレス スポーツイヤホン 耳フリー ブラック Nice5

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20161012120315j:plain

ASIN

B018226WP4

 耳前の骨伝導で音を伝えるワイヤレスイヤホン。肉抜きされた多面型の外観はステルス兵器を思わせる現代的なかっこよさがある。

 aptX対応で音声通信性能は高い。しかしながら遅延は発生しやすく、動画鑑賞には向かないかも知れない。

 耳は塞がれないので当然遮音性は低く、音漏れもかなり目立つ。耳を塞がないので蒸れる感じはなく、装着感は悪くない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は充電用のUSBケーブルが付属する。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51YoDEG%2Be%2BL._SL1000_.jpg

【2】音質

 骨伝導は独特の篭もったというか、はずれかけたヘッドホンやイヤホンのように、薄味になった感じの音になる。そのため、音のキレは全体的にやや物足りなく、ぼやけた感じの音になるところがある。耳に近づけるほど音は大きくなるが、音割れのような感じは強くなる。それでもこのモデルは比較的音質が優れており、以前テストした骨伝導モデルに比べて音にシャープさが残っていて、ぼやけた感じはだいぶ薄まっている。

 

[高音]:のびやかさがあり悪くない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:独特の、平面的でやや狭い感じになる。アナログテレビのステレオ音源のような聞こえ方というとわかりやすいだろうか。
[低音]:骨伝導では低域をカットしているモデルが多いが、この機種はそこそこ出ている。ただ100hz~80hzくらいはかなり振動するので、場合によって不快。50hz以下は無音。(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:平面的(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:リズムは鳴っているが、精彩にはやや乏しい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:のびやかさはあるが、精彩感にはやや欠ける印象。

 

【3】官能性

 池田綾子「愛の言葉」はボーカルの伸びやかさと精彩感はでている。楽器音が全体的に軽く、奥行き感が減じており、密度的にはスカスカした感じにはなっている。全体的にミニチュア的。

 鈴木このみ銀閃の風」もボーカルはほどほど伸びやかさはあるが、力強さはやや減じている。オーケストラサウンド風の重厚さはだいぶ抜けてしまっており、コンサートライブを遠くから聴いているような印象。

 東山奈央花澤香菜「大切の作り方」はほっこりした雰囲気は維持されているが、やはり管楽音などが弱く、全体的に薄味。

 

【4】総評

 骨伝導イヤホンの中では低域が出るので、厚みはあるほう。それでも迫力や量感、空間表現に欠けてしまう骨伝導独特の問題は解決されておらず、あくまで骨伝導の中では表現力が豊かという評価。値段を考えると骨伝導モデルが必要な人や骨伝導好きの人以外にはいまいちおすすめしづらい。

 

KSCAT 骨伝導 ヘッドホン bluetooth ヘッドセット 高音質 IPX6レベル防水 連続再生6時間 ワイヤレス スポーツイヤホン 耳フリー ブラック Nice5

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ワイヤレスイヤホン iitrust D092-C レビュー】重厚さと量感の両立した濃厚サウンドに魅力!JAZZ向き

ワイヤレス イヤホン 1000円~3000円 iitrust bluetooth

iitrust bluetooth イヤホン スポーツ 高音質 イヤホン マイク付き Bluetooth4.1 ハンズフリー通話可能/音楽再生/自撮り機能付き CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 IPX4 防水/ 防汗高音質スポーツイヤホン 日本語説明書付き 技適認証済み iitrust正規代理店

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20161010192409j:plain

ASIN

B01HBIHP8I

 大きめのイヤーピースが耳にしっかり嵌まる。平形コード部分がやや重たく存在感があるが、タッチノイズはほぼないので気にならない。

 遮音性はそれほど高くなく、音漏れはかなり激しい。低域中心に結構漏れるので外出時の音量には注意。

 通信性能も安定しており、途絶や遅延は感じられなかった。

 注意点としてシャッター制御機能がついているせいか、基本的にオーディオデバイスではなく入力デバイスとして認識される。実用上の不都合はないはずだが、ペアリング時にオーディオデバイスを限定選択しているといつまでも出てこない場合がある。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル。携行ケースも付属しており、手に入れた個体は携行ケースに付属品やマニュアルと一緒にしっかりと収納されていた。マニュアルは日本語対応で安心。

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61B7%2Bob%2B23L._SL1000_.jpg

 

【2】音質

 音質は低域の深みにまず驚く。また全体的に量感があり、音量を上げると音楽に包まれた感覚が楽しめる。ピアノ音などにも精彩があり、弦楽の伸びも良く、パーカッションのキレもよく、全体的にジャズやエスニック音楽の雰囲気がとくに美しい。リズム系音楽はキラキラ感が強く、やや尖りがちに出るところが好みを分けるかも知れないが、ブーミーな低域が躍動的に音場を強く支えるのでやはりキレは良い。

 

[高音]:ややキラキラ感強め。のびやかだが、若干キンキン感じるかも知れない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:弦楽音の表現がかなり秀逸。奥行きと情感に優れ、一方の主役を張る音域。ピアノはキラキラ感の強い鳴り方だが、抜けが良いのでくどさは強くなく、こちらも情感を綺麗に出してくれる。

[低音]:厚みのあるブーミーな音だが、抜けが良く重くなりすぎない。やや中高域を引っ張るところがあるものの、鳴りすぎないバランス感覚はあり、個人的には好み (分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:量感があるので、どちらかといえば頭の周りをしっかり包み込んでやや後方下に厚みのある音場を作る印象。迫力は感じやすい(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:キレが良く、アタック感良好。このイヤホンの美点(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:低域の支配力と全体的な量感があるので、ボーカルは離脱せず楽器と一体的。ただのびやかさはなかなかにあり、高域では低域を支えに強く高く伸び上がる。

 

【3】官能性

 Claris「Colorful」はベースの厚みとその上に展開する弦楽の奥行き感とピアノの情感、キラキラ感ののったのびやかなボーカルとかなり良質。ただし、かなり低域が支配力を発揮するのでキラキラ感の強さと相まってややガチャガチャと感じやすいかもしれない。個人的には好み。

 nano.RIPE「月花」も厚みのある低域パーカッションとベースが地面を意識させる強い足場を作る上に、ボーカルがのびやかに歌う。パーカッションのキレがよいので全体的に躍動的。低域の足場は重苦しくないので、ボーカルはその上でステップを踏むように軽やかで、メルヘンチックでコケティッシュな可憐さのある曲に聞こえる。

 とくにエスニック風の音楽には味わいがある。ジプシーキングス「インスピレーション」はススキかあるいは風になびく木立を思わせる、ざわつかせるギターのつま弾き音が非常にセクシー。低域の深みのおかげか躍動感があるのに浮つかず、心に素直に沁み入ってくる。

 

【4】総評

 エスニック音楽やJAZZ向けとしては価格帯最強クラス。クラブミュージック系にも悪くない。ペアリング時にオーディオデバイスでなく入力デバイスとして認識されるというクセがあるものの、音質的に目立った欠点はなく、むしろ美点が目立つ。価格帯では文句なく水準以上の実力を感じる。

 

 

 

iitrust bluetooth イヤホン スポーツ 高音質 イヤホン マイク付き Bluetooth4.1 ハンズフリー通話可能/音楽再生/自撮り機能付き CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 IPX4 防水/ 防汗高音質スポーツイヤホン 日本語説明書付き 技適認証済み iitrust正規代理店

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。