読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【カナル型 MUCHER MS-KD8 レビュー】豊かでたおやかな音色。丸みのあるきれいな音で密度も高め。これはおすすめ

イヤホン MUCHER 1000円~3000円

MUCHER カナルイヤホン セミオープン 金属製 マイク付きヘッドホン  リモコン付き 通話 シルバー MS-KD8

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160707233256j:plain

ASIN

B01CBFFOF2

 シルクハットのような形のハウジングが特徴のカナル型イヤホン。イヤーピースの密着度は高く、装着性は高く、遮音性も高め。音漏れは少しある。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はキャリイングケースとイヤーピースの替えが付属する。細めのケーブルにはタッチノイズが少しある。

 

【2】音質

 密度と量感のある肉厚なサウンドで、ボーカルに精彩がある。丸みがあってなめらかな音でリニアな雰囲気で低域から高域までシームレスにきれいに動き、抜ける。空間的には密度が高く、近めのボーカルの周囲に楽器音が密集する傾向にある。

 

[高音]:丸みがあってのびやか。突き抜け感も良好。息感もそれなりに出ている(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:ピアノの音もきれいで鮮やか。ボーカルを包み込む。
[低音]:ほどよく厚みがある。80hz~60hzがとくにブーミーで70hzにピーク。ドラムは床面にやや押しつけるような音(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:ボーカルが近く、その周囲に密集する(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:ドラム優位だが、ハイハットもきれいに出るので疾走感もよく出る(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:ボーカルは肉厚でつややか。暗くならない。

 

【3】官能性

 Rie fu「One-Bite」の密度の高く、精彩に満ちた表現はちょっと驚く。情感に満ちたストリングス、熱量を加えながらリズムを刻むドラム、尖らず瑞々しさを失わないボーカル。豊かな表現には舌を巻いた。

 今井麻美「朝焼けのスターマイン」も同様に煌めき感と潤いに満ちている。優しいボーカルはかすれずに瑞々しいぬくもりに満ちていて、息遣いもそこそこ出る。何より滑らかで伸びやか。疾走感のあるパーカッション、味わいのあるギター音も素敵だ。

 鹿乃「ディアブレイブ」もボーカルの精彩感が素晴らしい。ギターをはじめ楽器たちがボーカルの周囲に豊かな音場を作る。音同士が混ざってガチャガチャするところはなく、きれいに聴ける。

 Claris「CLICK」もリズムビートが重たくなりすぎず軽快だが肉厚。ボーカルの声色は暖色が維持されていて潤いもある。のびやかで突き抜け感もある。緻密な音場は細かく出過ぎない。アンチエイリアスがかかっているようになめらかだ。全体として聴きやすく、迫力も感じられる良好な味付け。

 

【4】総評

 これはおすすめ。同価格帯の有線イヤホンとしてはトップレベルで万能に近い表現力、低音量高音量どちらでも荒れない音像。とくに低音量でも音の像が比較的はっきりしているのは通学や通勤時の利用など周囲に配慮しなければいけない場面で助かる。なめらかで抜けのよい、しかも密度のあるサウンドはこの価格帯ではかなり満足できるはずだ。

 

MUCHER カナルイヤホン セミオープン 金属製 マイク付きヘッドホン  リモコン付き 通話 シルバー MS-KD8

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。